親から送られた荷物を捨てた私に起こった心境の変化

【親から送られてきた荷物を捨てたその後】

回の記事で、親から送られてきた荷物を捨てたことを書きました。

親から送られてきた荷物をついに捨てました

捨ててみた結果、目にすることもないので思い出すこともなく、メンタル的なリカバリーがめちゃくちゃ早かった。

正直、捨てた野菜に対する罪悪感はこれっぽっちも浮かんできません。

自分で買ってきた野菜を腐らせたら、あんなに後悔するのに。

自分にとって、親から送られた荷物の重要度なんて、その程度のものだったんだと確認できました。

捨てた時は一大決心だったし、しばらくどんよりとした気分でいましたが、そんな私に心境の変化が起こりました。


【連鎖的に断捨離が始まった】

物を捨てたら、今度はふだん使っている食器が気になるようになったのです。

お気に入りでもなんでもない、「まだ使えるから」という理由だけで、実家から持ってきたもの。

これを機に、一掃することにしました。

毎日使うものだからこそ、お気に入りばかりにしたい。

そう思って、食器を新調。

そしたら、食事がさらに楽しみになって、毎日がぐっと快適に。

これが「自分を大切にすることなんだ!」と実感しました。

食器は一例にすぎず、生活のあらゆる部分を見直そうと「断捨離」がしたくてウズウズ。

はからずも、親からの荷物を捨てたことで私の中でいろんなことへの「踏ん切り」がついたようです。

とはいえ、一度にすべてを新調することはできないので、今後の楽しみとして少しずつアップデートしていけたらいいなと思っています。


【子には取捨選択する自由と権利がある】

から届く荷物以外にも、親から受け取ってきた不要なものってたくさんあるんですよね。

思想、信条、思い込み、お金の概念、男女の概念、善悪の判断基準、価値観などなど……

遅かれ早かれ、相続の問題とかも出てきたりするんでしょう。

親の時代には合っていても、現代には合わないことも多い。

そもそも親自体が正しいとも限らない。

子には、それを取捨選択する自由と権利があります

そして、その選択を自分でして初めて、自分の人生に自分で責任を持てるのだと思います。

荷物を捨てたことによって、そのことに気づけたことが一番よかったです。

あてがわれたままに受け取ってきたから、ずっと親の干渉から離れられなかったんだな、と。

自分で選べば「親のせい」にすることもない。

こんな気づきを得られるなんて、荷物を送ってきた親にグッジョブ。笑

これからまだまだ私の人生が変わっていきそうで、ワクワクしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA