【アダルトチルドレン克服】克服する道のりは楽しい

【親のことを考えれば考えるほど不幸になる】

のことを考える時、必ずネガティブな感情が浮かびます。

怒りや悲しみ、失った自分の人生に対する絶望感など……。

でも、親のことを考え続けても、親が変わることは永遠にないし、失った人生が戻ってくることはありません。

逆に、親のことを考えれば考えるほど、不幸な気持ちになって、人生を損する機会を増やしてしまいます。

私自身、「自分ならなんとかできるのでは」と、買いかぶってまじめに考え続けてきましたが、ふり返ると、やっぱりしんどい時間だったなぁと思います。

なので、ネガティブな感情を持ちたくなければ親のことを考えることをやめればいい、というのは私の経験から学んだ教訓です。

でも、そうキッパリ割り切れないのが、アダルトチルドレンです。

「それでもいつか、親とうまくやれるかもしれない」

「親がさみしがったらかわいそう」

そういう「甘ったれ」た思考、「思い込み」をするように、育てられてきたわけで。

アダルトチルドレンとは、自分を犠牲にしてまで親の幸せを考えるようにプログラミングされたようなもんだと私は思っています。

だから、もしこれ以上不幸な人生を生きたくなければ、自分の思考のクセを修正しなければいけません。


【今を一生懸命生きる】

を見ていると、今、この瞬間を一生懸命生きているんだなぁと感じます。

そうでなければ自然界では生き残れないので、当たり前といえば当たり前ですが、だとすれば人間がいかにムダに生きているか。

過去に起きたことをくよくよ考えたり、未来を心配したりして、全然幸せに暮らしてない。

あげくの果てに、自分ではない他の人間のために自分を犠牲にしたりする。

犬がいつも幸せなのは、そんなつまらないことを考えないからです。

そんな犬に倣って、今、この瞬間を一生懸命生きることが大切です。

この考え方は、マインドフルネスやいろんな自己啓発本などでも見ることができます。

今に集中することで、より充実した生活を送ることができるし、考えるだけで気が重くなる親のことを考える時間は確実に減ります。

自分にとって本当に大切なものは何か、気づくきっかけにもなります。

そうやって、少しずつ、自分の思考のクセを修正していくのです。


【アダルトチルドレン克服の道のりは楽しい】

にとって、夫と愛犬と過ごす時間はかけがえのない大切な時間。

それなのに、今までずいぶんと雑念にとらわれて、大切にできてなかったと反省しました。

自分にとって大切なものを大切にすること、それがまわりまわって自分を大切にすることにつながります。

そういう生き方が板について、自然にできるようになった時、それがアダルトチルドレンを克服したと言える時なのかな〜と。

これまで、アダルトチルドレンを克服するには、厳しい精神修行が必要だと思い込んでいました。

でも、それも自分の思い込みでした。

本当に大切なものを大切にできていたら、毎日ってすごく楽しいです。

だから、つい先日までこんなに一生懸命考えてるのにどうして克服できないんだろうって思ってたんですが、この楽しい暮らしの先に克服があるんだから、もう自分で無理に克服しようと思う必要はないんだってことに気づきました。

……そう書いてしまうとこのブログが終わってしまいそうですが、、、同じ悩みを抱える人の力になれるように、書けることを書いていきたいとは思います。