自己紹介

【私がアダルトチルドレンだと気づいた時】

が「毒親」や「アダルトチルドレン」という言葉を知ったのは34歳の時。

人付き合いがうまくいかない、なんか浮いてるような気がする、自分は普通とは何かちがう。

何気にネットで検索してみたのがきっかけでした。

「小さい頃にいつもいい子を演じてきた」

「いつも親の顔色をうかがっていた」

虐待なんて受けたことはないし・・・と思っていたものの、調べてみると自分が「アダルトチルドレン」に当てはまることがいくつもありました。

でも、この時点ではまだ「うちの親は毒親ではないよね・・・」と思っていました。

ところが。

久しぶりに実家に帰省した時、母は何度も私の人格を否定する言葉を浴びせてきたのです。

私はその時に、うちの親はやっぱり毒親だったんだと確信しました。

今までも母の暴言はたびたびあったし、それがきっかけで何度もケンカをしてきた。

それが普通のことではないということ、私がそのたびに自分の感情を押し殺してきてしまったことに、後から気づきました。

そして、その帰省をもって、実家と絶交することにしました。


【アダルトチルドレンが犬を飼い始めたら】

れから2年。

私は3歳年上の夫がいるのですが、妊活をするものの子供はできず。

コロナ禍で癒しを求めていた部分もあり、何かを育ててみたいという気持ちもあって、犬を飼い始めました。

思うようにいかない犬育てにノイローゼ気味になり、自分の心の弱さに直面しました。

そこで、私は家庭犬トレーナーの資格を取得し、学んだ知識と実践を通して、犬と、自分と向き合うことにしました。

犬の生き方をみていると自分の欲求に素直で、うらやましいと感じます。

でも、それこそがアダルトチルドレンである私がすべき生き方だと気づきました。


【アダルトチルドレンを克服したい】

は育て方を間違えると、咬む・吠えるなどの問題行動が多発します。

それは大人になって生きづらさを感じるアダルトチルドレンの姿と重なります。

正しい知識を持ち、根気よく愛情を尽くせば、過去にどんなことがあっても幸せに生きることができることは、世の中の保護犬ちゃんたちが証明してくれています。

人間も同じ。

ちがうのは、自分の飼い主は自分だということ。

親が私にしてくれなかった、穏やかでやさしい愛情をたっぷりと自分に注いであげることが、アダルトチルドレンの克服に必要だと、私は思っています。

このブログを通して、アダルトチルドレンを克服しつつ、同じように悩む人の力になれたら嬉しいです。